Menu

施術項目

Home

施術項目

手技療法

丁寧に問診を行い、皆様ひとりひとりの病歴・治療経験・経過・現在の症状にあわせた手技・さまざまな施術療法で自然治癒力を高め、お身体の不調を改善していきます。

当院では症状に応じて鍼治療の併用をしております。

マッサージバランス整体

掌・指・肘を使い、硬くなった筋肉・神経・血管・リンパ・靱帯・関節包などの軟部組織をほぐし(筋膜リリース療法も含みます)、痛い部位だけでなく周りも触って調整しながら痛みの原因を取り除いていきます。

全身・上半身中心・下半身中心をバランスを考えマッサージでほぐし、整えます。
この療法で、じっとしてても痛い・動かしても痛かった筋関節が、個人差ではありますが少しずつ楽になったり、激的に変化される方もいらっしゃいます。

局所のみのマッサージも可能です。
例⇒首肩や腰回り・肘のみ・足首・手足の指など

骨格矯正(カイロプラクティック)

骨盤など身体の歪みの原因は、不良姿勢や日常生活での反復動作や片側の筋肉の使いすぎ・使わなすぎで起きる事がほとんどです。

原因となっている筋肉をほぐした後、カイロプラクティック療法で脊椎・骨盤等の骨格の歪みを矯正し痛みや違和感を軽減させます。

また同時に歪みの原因となっている姿勢などをチェックし、ご指導させていただきます。

鍼(はり)

鍼施術は症状の重い方、疾病期間の長い方、急性痛にも効果が期待できます。マッサージと鍼(はり)の併用でより元気になります。

例⇒ギックリ腰、腰痛症、寝違え、五十肩、膝や肘の曲げ伸ばしの痛み、頭痛、各種神経痛、頚腕症候群、不眠、喘息、自律神経失調症、軽度の鬱(プチ鬱)など

※使い捨て鍼(ディスポーサブル)を用意してあります。
※弱い刺激、持続的な刺激用に皮内鍼・円皮鍼もあります。

物理療法

電気・温熱・音波等を利用し、色々な症状や障害を改善します。

冷罨法

外傷後(打撲、捻挫、挫傷、骨折、脱臼)の急性期に初期の炎症や腫れ、痛みを軽減させる為に、氷水入りのバケツで冷却やアイスパック等を使い患部を冷やします。

温罨法

温罨法は、ホットパック・マイクロウェルダーを使います。マイクロウェルダーとは温熱(43℃、50℃、60℃、70℃)と振動、磁気をミックスさせ患部、全身を温める機器です。

筋肉のコリ、冷え性、生理痛、胃腸障害・便秘症、自律神経失調症、五十肩、内臓・全身疲労、各種神経痛などに夏でも冬でもとても効果的です!

低周波・干渉波

低周波電気・温熱等を利用し、色々な症状や障害を改善します。

超音波・微弱電流

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(筋損傷)の後療に筋肉や関節、軟部組織等をはやく修復し、緊張を緩め、痛みを軽減させる働きがあります。

運動療法

筋肉の柔軟性が低下している方にはストレッチ運動を行い、筋力の低下がみられる方には筋力増強訓練を行います。

※テーピング療法
キネシオテープで筋肉・関節のバランスを調整し、痛みを和らげます。かかと・足底部・手の指・腕などの痛みでお悩みの方、ご相談下さい。